「せどり」売れたCD。飴色パラドックス(ボーイズラブ)

 

最近、わたしがブックオフに行ったら欠かさず見ている棚のカテゴリーが有ります。

そして、つい最近、そこで仕入れた商品が売れましたのでご紹介。

 

 

 

 

そのカテゴリーとは、そう「ボーイズラブ」です。

なかなか素晴らしい値段になってます。

仕入れ値は、確か950円でしたので。(2000円だったかも。。。)

 

まあ、かなり利益が出ました。

 

 

ここまで利益がでるものはなかなかありませんが、

ボーイズラブものは非常に仕入れしやすいです。

 

「なぜなのかな~」って考えてみましたが、

 

今回の場合は、ブックオフ側が「価値を感じていないから」と推測しています。

アマゾンの価格は高くなっているものの、まさか相場がこの値段ついているとは思わなかったのではないでしょうか。

アマゾンでは俺様価格という値付けはたくさんありますから。それと勘違いしたのかなと。

 

もう一つ、一般的に考えられるのは、

「ネットでは売れるものの、リアルでは売れないから。」

マニアックな商品は仕入れしやすいとせどりでは良く言われますが、これが原因だと考えています。

マニア向け商品は全国的に考えると欲しい人がたくさんいるかも知れませんが、

その店舗の持つ商圏の範囲内にいるかというと、かなり数が限られてくると思いますし、

タイミングよく買うのかというと更に可能性は限られてくると思います。

 

また、彼らはほぼ店舗にないことを知っているので、ネットで買います。

 

だから、店舗は売れない商品の価格は下げるし、(低く設定する)

せどらーにとっては仕入れがしやすいということです。

 

 

まあ、本・雑誌であれば店舗の値付けは適当なので、(プレミア価格とか考えてないですよね)

今回の推測には当てはまらないと思いますが。

 

 

せどりは、ただ商品を右から左へ流すだけの転売であり、

転売ビジネスに社会的役割がないと否定的な人がいますが、

 

せどりの価値は、リアル → ネット と販売経路を変えている点にあります。

 

ある商品を探していて、店舗をそこら中回ったけどなくて困っている人にアマゾン、ヤフオクを通して商品を提供することができます。

店舗へ言って購入するのが面倒な人に対して、超簡単に商品を提供することができます。

 

せどらーがいなければ超不便になると思いませんか?

 

ただ、ブックオフが店舗にある商品すべてネット販売してきたら、

意味がなくなるかもしれませんが。

 

まあ、その時は、せどりが終わることでしょう。

 

電脳ならできるかもしれませんがね・・・・

 

 

ありがとうございました。

 

shimizu-blog-banner-12

お名前メールアドレス

コメントを残す