ネットビジネス攻略作戦~まずはせどりで5万稼ぐ~

―――――――――――――――――――――
■ネットビジネス攻略作戦

~まずはせどりで5万稼ぐ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

はじめまして。

ユメオと申します。

■月5万円の副収入があったら、何に使いますか?
――――――――――――――――――――――――

冗談とかではなく、本気で安定して3ヶ月後には月5万円を稼げるようになってもらいます。

3ヶ月で月5万円といいましたが、仕入れは、週2,3回でOKです。
毎日ぐらい頑張れば、1ヶ月目から達成可能な数字です。

もしできなければ、私が個別にコンサルをして無理矢理にでも稼がせます。

それぐらい本気で書いていきます。

ちょっと考えて欲しいんですけど、5万円の副収入が出来れば何に使いますか?

ちょっとした趣味のものであれば大体買えますよね。

私は、マンガが好きなんですが、立ち読みで読まなくても、
買って、自宅でくつろぎながら読むことが出来ます。

旅行にもいけます。

毎日のご飯をちょっと贅沢にすることも
逆に一回、高級料理屋さんにいってみたり、

主婦の方であればエステにだって、
習い事にだって行けると思います。

子供の服や靴をミキハウスにしてあげるとだって
将来のために貯金しておく事もできますよね。

などなど、本気で考えてくださいね。

そして、是非、紙に書いて毎日眺めてみてください。

それが毎日のモチベーションへとつながります^^

ちなみに、せどりというビジネスは最初は大変です。
でも、1ヶ月も立たないうちに慣れてきます。

仕入れができるようになってくると、
あとはそれを繰り返すだけですので、
超シンプルに売上を増やしていくことができます。

誰でも絶対に稼せげます。

■就活に失敗し、ネットビジネスを始めました。
――――――――――――――――――――――――

わたしは、今年で24歳です。

一年大学を留年しているので、現在社会人1年目です。

ネットビジネスを知ったのは、大学4年目の就活に挫折している最中の時です。

就活がうまく行かなくて、モヤモヤしていた時期に、
ネットビジネスを知りました。

個人でも稼げる可能性、自由な生活を送れる魅力にとりつかれて、
就活は放り出して、一日中、ネットビジネスに取り組みました。

わたしは、就活はじめた時から、若干、将来、起業願望を持つようにもなってましたが、
サラリーマン家庭で、根っからの安定志向な普通の親から育っています。

なので、ビジネスに取り組むというようなマインドは持ち合わせていません。

本当に普通の、むしろ、就活で100社も滑っているようなダメ人間でしたが、

3ヶ月後には、せどりで月5万円、

同時に始めたアフィリエイトでは、半年で、月10万円稼ぐことができるようになりました。

それが、ちょうど、もうすぐ大学卒業という時期です。

わたしは、当然、これから、ネットビジネスで生きていく気でいてました。

実際、せどりと、アフィリエイトで月15万円ぐらいはあったので、
なんとか生活はできますし、

せどりはもっと作業量を増やせば、稼げる自信がありました。

しかし、

親を説得することができず・・・

両親には、ずっとサラリーマンで安定して生活できたという誇りがあるので、

また、性格的に自分の考えを押し通す人間だったので、

ネットビジネスで生きていくためには、親と縁を切るしかないなとさえ思いました。

でも、それはさすがにできなかったので、

結局、一年留年して、再び就活をはじめることになりました。

ただ、面接でネットビジネスの話をすると、

結構、受かることができましたし、最終面接も複数社行く事ができました。

大変でしたが、少なくとも前の年よりは、手応えを持って、
内定までいくことができました。

やっぱり、ビジネスの経験はすごく貴重だと思うので、
大学生は将来起業するかは関係なく、絶対すべきだと思いますね。

その中でも、ネットビジネスは元手がほとんどいらないので、
簡単にはじめることができます。

ただ、適当な気持ちでやっても、稼げるようになるとは、
思えないですけどね。

やっぱり、この時代、会社だけに頼るのは不安すぎると思うので、
自分が実際に副業でも稼げるということを見せていこうと思っています。

————————————————————

『せどり攻略の書』(せどりの手順を書いたレポート)

http://yumeoooo.sakura.ne.jp/repo/sedorinyumon.pdf

————————————————————

最後まで、お読みくださりありがとうございます。

ユメオ

shimizu-blog-banner-12

お名前メールアドレス

コメントを残す