【CDせどり】おすすめなブックオフの棚とは

 

私のCDせどりの最初は、マキシシングルCDでした。

実は、最初はかなり売れない商品を扱っていて、
不良在庫にしてしまったCDがたくさんあるのですが、
今では、「ステイブルせどり」で勉強してから、それはなくなりましたね。

今日はCDせどりの基本をお話します。

 

1,ブックオフの棚はどうなっているの?
2,結局、どの棚が仕入れしやすいの?

 

■ブックオフの棚はどうなってるの?
―――――――――――――――――――――――

ブックオフのCDの棚は大きく分けて4つあります。

 

・アルバムCDのプロパー棚(定価の半額)
・500円アルバムCD棚
・250円のアルバムCD棚
・マキシシングルの棚(ほぼ105円)

 

マキシシングルの棚は店舗によって異なってたりもします。

大きな店舗だと、105円の棚とそれ以外の棚で分かれるケースもあります。

で、あなたの知りたいことはどの棚が仕入れしやすいの!?
ってことだと思います。

 

これの私の考えで言えば、

お店によって違います。
ライバルによって違います。

だから、はっきり言えません。

ってことですね。

 

>なんじゃそりゃー。役に立たねー。

 

って声が聞こえてきそうですが、汗
それでは、あまりにも不親切すぎるので次より具体的にお話します。

 

■結局、どの棚が仕入れしやすいの?
――――――――――――――――――――

まず最初に、最大のアドバイスをしてしまうと、

「まずは、すべての棚を調べましょう。」

ってことです。

 

ほんとにですね。

店舗によって違ったり、その店舗に来るライバルによって違ったり
しますので、はっきりわからないってのが正直な話なんですよ。

 

ただ、CDって思ったより量が多くて、
すべて調べるのは、一日中かかってしまうレベルです。

なので、まず2つの棚を調べていただくのが一番なんじゃないかなと思います。

 

それが、

・マキシシングルの棚
・アルバムのプロパー棚

 

この2つです。

 

まず、マキシシングルですが、

マキシシングルの特徴としては、

 

・仕入れ値が安い
・ランキングが高く、売れやすい商品が比較的多い
・量が少ない

 

手軽にできて、仕入れもポツポツできるんでオススメってことです。

意外と高値になる商品もありますし、
意外と売れやすいですよ。

ただ、やっぱりライバルが多いですね。

 

仕入れ値が安く手軽にできるんで、普段CDせどりやらないけど、
マキシシングルならやりますって人もいてるぐらいです。

 

その反対にライバルが少ないのが、プロパーの棚です。

仕入れ値が高いので、ライバルは少ないです。

しかも、利益額が大きく取れます。

2000円で仕入れて、4000円で売る感じです。

(利益1000円は取れるような仕入れをしています。)

ですが、やっぱり仕入れが高いってのがデメリットです。

で、この2つの棚、良く比べてみてください。

デメリットを補完しあっているんですよね。

 

マキシシングルで仕入れ代金は確実に稼ぎつつ、
プロパーアルバムで一気に利益をあげていく。

 

そんなイメージです。

ですから、この2つの棚はオススメなんですよ。

あと、250円、500円の棚は量が多くて調べるの結構大変ですし、
ライバルもプロパーの棚と比べると多いですから、
ここでは挙げませんでした。

 

ただ、当然おいしい商品もあります。

中規模店舗以下でしたら、量もそんなに多くありませんので、
調べて見ることをおすすめします。

 

結論的には、やっぱり全部の棚を調べるってのをおすすめしますが、

特にマキシシングルとプロパーがいいんじゃないかってことですね。

ご参考にしてください。

 

次回は、CDせどりの仕入れの話です。
結構ノウハウ出しちゃいます・・・。

 

ではでは、
今日もありがとうございました^^

ユメオ

shimizu-blog-banner-12

お名前メールアドレス

コメントを残す