最安値以上で販売する方法

 

先日、読者さんから、

「価格調整ってどれくらいの頻度でされてますか??」

って質問がありまして、

まあ、これに関しては、

「最近はあんまりやってませんが、
以前はせどりキングというツールを毎日ぐらい回してました。

 

これは、在庫1000個近くあった時です。

今は、その在庫をほとんど読者さんに売ってしまって、(引越しの時)
ほそぼそとやっています。

 

また、今は、本・雑誌もやってますが、CD・DVDのほうが多いです。

CD・DVDは本ほど価格の変動は激しくないですので、週一回ぐらいしかしてませんし、
ほとんど最安値にしていません。

 

FBAを使っていると、普通よりも売れやすかったりしますし。
特に高額商品とかは、購入者からしたら安心できますので。

 

最安値出品をキープするのであれば、
在庫100、200個ぐらいになると、価格改定はツールを使わないと
かなりしんどいですね。」

って感じに答えたのですが、

 

これきっかけから、結構真剣に「価格」に関して考えてみたんですよ。

 

で、今は最安値にはあんまりしていないのですが、
それでも、売れる商品ってものが分かってきました。

例えばこれです。

 

2500円ぐらいの仕入れで、5448円販売です。

→  http://yumeoooo.sakura.ne.jp/ytana/groups/6881661/asd/

利益的には、1500円ぐらいです。

 

例えばこれも。

→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002B5WUFU

これは利益3000円ぐらいは出ました。

 

この二つは最安値よりも1000円ほど高くても
売れたものです。

 

最安値売りじゃなくても売れる要素は色々あると思うのですが、
三つにまとめました。

・FBA出品

・コンディション

・売れやすさ(ランキング)

良い発見ができました。
もちろん、この3つに当てはまらなくても、

最安値じゃなくても売れますが、

できる限り、この3つを満たしたほうが売れやすいです。

では、1つづつ見ていきましょう。
・FBA出品
———————–

 

これはそのままですね。

FBA出品のほうが、購入者さんからすると、
安心できますし、梱包も超丁寧ですので、

ちょっと高くてもFBAを選びます。

(もちろんそれは人によりますが、その可能性は上がります。)

 

特に価格の高いような商品ですと、
FBAを選ぶ方が多いという印象です。

 

・コンディション
———————–

これは、圧倒的に「非常に良い」で出すのがいいです。

綺麗なのに、「良い」で出す人いますが、
これは非常にもったいないです。

(もちろん、偽って記載するのはダメです。)

 

私の感覚的には、「非常に良い」で出していいのに、
「良い」で出す人が多いと思います。

悪い評価されるのをビビらないでください。

「非常に良い」、「良い」の違いについてはこちらを参考に。

→ http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=help_search_1-1?ie=UTF8&nodeId=1085248&qid=1343560600&sr=1-1

 

・売れやすさ(ランキング)
——————————–

最後、これはかなり重要です。

月1回しか売れていない商品の場合だと、
最安値出品しないと何ヶ月も売れ残ってしまいます。

 

最安値のほうが売れやすいのはもちろんですので、

ランキングが低い商品 → 同一コンディション内での最安値出品

ランキングが高い商品 → 強気の価格設定

これが良いです。

 

以上、この三要素をミックスして価格を決めてください。

あと、ランキングの低い商品は早く売り切ってしまった方が
良いですので、この場合だけ最安値で出品しましょう。

細かいことを書くとまだまだ長くなりそうですが、
簡潔に書くとこんな感じですね^^

 

少しでも、参考にして頂ければ、嬉しいです。

では、ありがとうございました。

 

ユメオ

shimizu-blog-banner-12

お名前メールアドレス

コメントを残す